• このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズヒーターは使用電気量などで寿命・耐用年数が変わります

シーズヒーターとは鞘を被ったヒーターのことで、シーズはヒーターの外側の金属パイプのことです。ヒーターには発熱する発熱線を裸のまま使用するものがありますが、そのような裸発熱線のヒーターは、構造が簡単で価格も安価に製作できる利点があります。しかし、電流が流れている金属が剥き出しであるので、漏電や感電の危険性が高くて耐用年数も低く、どのような場所ででも使用できるわけではありません。そこで安全性を高め、使用場所を限定しないように構造になっています。覆われてる金属パイプの中は発熱線と共に絶縁材が詰められています。その為、電源が入っていてもヒーター外側に触れても感電しません。外側の金属パイプに使われているものはステンレス鋼、インコネル鋼、チタン、アルミなどがあります。この材質は耐用年数にも影響がありますから、使用機器に合った適正なものを選定しなければいけません。

サイズ・形状はさまざまな種類があります

シーズヒーターは、その使用箇所に合わせて、さまざまな種類があります。直径1.8ミリの細径型は自由に複雑な曲げや巻き加工が容易ですから小型ホットプレートやノズル加熱部用に使用されます。スーパーフラットヒーターも曲げ加工が容易です。表面積が広く取れますから厨房機器のフライヤーはもちろん、気体や固体加熱を行うとき抜群の伝熱効率を発揮します。投込みヒーターは水の加熱、油加熱、潤滑油の加熱や各種保温に使用されます。フィンヒーターはヒーターに金属フープを巻き付け、放熱面積を増加させ、熱効率を良くしたヒーターです。これはパイプの密着性が高まり、高電力密度にすることが可能となります。カートリッジヒーターは、小さなヒーターに大きな電気容量を入れることが可能で、鋳型、金型、液体加熱器、半導体製造装置、食品産業用機械などに用いられます。

硬くて丈夫な作りになっているので安心です

遠赤外線の放出量が多いシーズヒーターですが、他の電気ヒーターと同じワット数で使った際、電気代も安く最も温かく感じることができるでしょう。カーボンヒーターのヒーター部分は、発熱線の炭素繊維を石英管で覆われているのですが、石英管はやや衝撃に弱い傾向があり、破損する可能性があります。しかしこのヒーターの場合、硬くて丈夫な金属管で覆われているので、倒れた時の衝撃や水などの液体に強く頑丈になっています。電熱線が空気にふれてないので、丈夫で長持ちする作りになっており、大切に使うと10年以上は使うことが可能です。足元に置いて使用することが多いスポット暖房は、置き場所などによって転倒させてしまうリスクがありますが、子供やお年寄りがいるご家庭でも安心して使用することができるでしょう。

電気ヒーターの専門メーカーとして、たえず技術的課題に取り組み、より安全なヒーターを供給致します。 「過熱水蒸気実験室」でサンプルテストが可能です。 メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 シーズヒーターを中心とした工業用電気ヒーター、工業用加熱機器の専門メーカーです。 高い技術力に裏付けされた高品質のヒーターを提供します。 シーズヒーター(電気ヒーター)をお探しなら

ピックアップ記事

シーズヒーターとほかの電気ヒーターの違い

シーズヒーターはニクロム線を金属パイプで包んだ構造をしています。さらに、ニクロム線は絶縁粉末でヒーターパイプから絶縁され、構造自体はとても単純に作られています。シーズヒーターの特徴は金属パイプで覆われ...

シーズヒーターの選び方 電気使用量、売れ筋

シーズヒーターは立ちっぱなしの仕事をしている時、洗面やトイレなど狭い場所を温めるのに適しています。自動首振り機能がついているのが売れ筋です。遠赤外線だと光や熱は刺激がないのに、体の中から温めてくれます...

コスパ最高!電気ストーブならシーズヒーターがお得

シーズヒーターは絶縁体でニクロム線を包んでいて、金属管で覆ったものを発熱体として使用しているヒーターの一つです。カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用されていて、遠赤外線放射量がカーボンヒ...