• このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズヒーターの選び方 電気使用量、売れ筋

シーズヒーターは立ちっぱなしの仕事をしている時、洗面やトイレなど狭い場所を温めるのに適しています。自動首振り機能がついているのが売れ筋です。遠赤外線だと光や熱は刺激がないのに、体の中から温めてくれます。値段も1台1万円以下、製品によっては5千円以下で購入できます。ホワイトやグレーのシンプルなカラーがベーシックで、スペースを取りませんし、インテリアにもすっきりなじみます。持ち運びしやすいので使う場所に運んで使うことができるので効率的です。エコモードの製品を購入すれば電気代も気になりません。縦長のスタイルと幅広のタイプとが選べますので、置き場所に応じてデザインを選ぶことができるので便利です。足元など冷えを感じやすい部分をピンポイントで温めることができるのもメリットです。

シーズヒーターの選び方 省エネ重視

シーズヒーターはデザインと値段から選んでも機能的に問題はありませんが、省エネを重視する選び方もおすすめです。省エネはエコモード搭載型を選ぶとボタン一つで操作ができるのでわかりやすいですし、売れ筋でもランクインしていますので選択肢に入れて検討することができます。通常の消費電力の50パーセント近くをカットすることができるようになり、経済的です。運転切り替えができるタイプも省エネタイプと宣伝していなくても電気代の節約になります。転倒オフスイッチが入っているものを選ぶと安全性が高くなります。コードの長さも2メートルほどあるとコンセントの場所がなくて困ることも少なくなります。人感センサー付きもおすすめです。過熱防止付きも安全性が高いのでおすすめです。 [caption id="attachment_10" align="alignnone" width="300"] Electrical heat exchanger unit close up[/caption]

遠赤外線で体の中からぽっかぽか

遠赤外線はふわりじわりと周りから暖かくしていくので、暑すぎない快適な温度を保ってくれます。ファンヒーターやエアコンと併用すれば、温度を低くしておいても十分に温まります。空気を汚したり、乾燥させたりしないのでペットや赤ちゃんと一緒の時にも安心です。いる場所が限定されている方には効率的に局所だけを集中して温めることができます。出力の段階調整が多ければ多いほど細かく調節できるので自分に合った温度で過ごせます。タイマー付き、揺らぎモード、省エネモードなど機能性の高さで選ぶのがおすすめです。立ち上がりからすぐに暖かくなりますから無駄がありません。赤ちゃんのいる家庭ならチャイルドロックもおすすめです。1時間の電気代の目安はおよそ20円、自動オフスイッチが入っていれば消し忘れも防げます。

ピックアップ記事

シーズヒーターとほかの電気ヒーターの違い

シーズヒーターはニクロム線を金属パイプで包んだ構造をしています。さらに、ニクロム線は絶縁粉末でヒーターパイプから絶縁され、構造自体はとても単純に作られています。シーズヒーターの特徴は金属パイプで覆われ...

シーズヒーターの選び方 電気使用量、売れ筋

シーズヒーターは立ちっぱなしの仕事をしている時、洗面やトイレなど狭い場所を温めるのに適しています。自動首振り機能がついているのが売れ筋です。遠赤外線だと光や熱は刺激がないのに、体の中から温めてくれます...

コスパ最高!電気ストーブならシーズヒーターがお得

シーズヒーターは絶縁体でニクロム線を包んでいて、金属管で覆ったものを発熱体として使用しているヒーターの一つです。カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用されていて、遠赤外線放射量がカーボンヒ...