• このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズヒーターとほかの電気ヒーターの違い

シーズヒーターはニクロム線を金属パイプで包んだ構造をしています。さらに、ニクロム線は絶縁粉末でヒーターパイプから絶縁され、構造自体はとても単純に作られています。シーズヒーターの特徴は金属パイプで覆われたことで、発熱体の表面が電気的に絶縁され、被加熱物に合わせて思い思いの形状に曲げられます。そのため、電気ヒーターのなかでは、特に堅牢性に優れています。構造も単純であるだけに頑丈でもあり、通常の暖房機としての使い方であれば、10年以上の耐久性が保証されています。また、遠赤外線放射量がカーボン性の暖房機よりも多く、破損のリスクも低いことが違いとしてあげられます。そして、発熱体を覆う金属パイプのコーティングが異なることで、「コア」・「メタル」・「セラム」・「ステンレス」などの商品名が付いています。

他のヒーターの種類と違いはここ

電気を使う暖房機は空気を汚さず、換気や空気清浄機の併用をせずに使えます。種類としては「カーボン」・「セラミック」・「ハロゲン」・「オイル」・「パネル」などがあります。セラミックは特殊加工したセラミックを利用し、この部分が発熱することで空気を暖めます。速暖性はありますが、部屋全体を暖めることには不向きです。上記したカーボンは炭素繊維を利用し、発熱させます。セラミックと同様に、部屋全体を暖めることには向かずにトイレや脱衣所などスポット暖房として利用されます。遠赤外線量が多く、身体を芯まで温めてくれます。カーボンにはグラファイト(黒鉛)という発熱体を用いたものは、立ち上がりが早く、赤外線の照射量もカーボンより更に多くなります。ですがその分、価格は高くなります。

パネルとオイル、ハロゲンの暖かさの違いについて

パネルの場合、平らな部分に組み込まれた電熱線が発熱し、パネルから輻射熱を放射します。速暖性があり、暖房機自体も軽くて移動させる時に持ち運びが楽です。オイルは難燃性のオイルを暖め、オイルを放熱板の中で循環させて部屋全体を暖めてくれます。他の暖房機のように速暖性は低いものの、空気を汚さず、高温にもならないので火事や火傷の心配がありません。ハロゲンの場合は、ハロゲンランプを発熱体とします。ハロゲンランプから放射される遠赤外線の輻射熱を、身体に直接当てて暖める暖房機です。速暖性があり、価格も手頃ですが、部屋全体を暖める事はできません。また、エネルギー効率がカーボンよりも低いので、料金が高くなることと、ランプの耐久性が弱い事、そして寝室で使うとランプが明るく眠りを妨げてしまいます。

ピックアップ記事

シーズヒーターとほかの電気ヒーターの違い

シーズヒーターはニクロム線を金属パイプで包んだ構造をしています。さらに、ニクロム線は絶縁粉末でヒーターパイプから絶縁され、構造自体はとても単純に作られています。シーズヒーターの特徴は金属パイプで覆われ...

シーズヒーターの選び方 電気使用量、売れ筋

シーズヒーターは立ちっぱなしの仕事をしている時、洗面やトイレなど狭い場所を温めるのに適しています。自動首振り機能がついているのが売れ筋です。遠赤外線だと光や熱は刺激がないのに、体の中から温めてくれます...

コスパ最高!電気ストーブならシーズヒーターがお得

シーズヒーターは絶縁体でニクロム線を包んでいて、金属管で覆ったものを発熱体として使用しているヒーターの一つです。カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用されていて、遠赤外線放射量がカーボンヒ...