• このエントリーをはてなブックマークに追加

コスパ最高!電気ストーブならシーズヒーターがお得

シーズヒーターは絶縁体でニクロム線を包んでいて、金属管で覆ったものを発熱体として使用しているヒーターの一つです。カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用されていて、遠赤外線放射量がカーボンヒーターと比べると高かったり、発熱体が破損しにくいなどのメリットがあります。発熱体を覆うものに関して、石英菅などは割れる可能性がありますが、このヒーターは金属管を使用しているので大幅に破損を少なくすることが可能です。このヒーターは各メーカー毎にオリジナルの商品名が付いていて、例えばコアヒートやメタルヒート、ステンレスヒーターなどがあります。発熱線を覆っている鞘の素材が各メーカーによって違うので、素材の名称などから商品名になっていて、値段はカーボンヒーターよりもやや高めに設定されています。

遠赤外線の放射量が多くあります

一般的に、遠赤外線を放出するヒーターは遠赤外線などの量によって、温かさに差があります。遠赤外線はすべての物質が発していて、物質を熱することによって更に強烈に発生するのですが、発熱線を熱することによってヒーターから放出され体に吸収された遠赤外線は、細胞などの分子を振動させるような働きも持ちます。その振動する分子から熱が発生し、身体が温められるようになるのです。遠赤外線の量を比較すると、シーズヒーターはハロゲンヒーターやカーボンヒーターより遠赤外線の放射量が多く、使用効率が良く、電気代を抑えることもできるのが特徴的です。すぐに温まるヒーターではありませんが、一度温かくなるとその温かさは長く持続し、ゆっくりじんわりと遠赤外線の効果によって、体の芯まで温めてくれます。

身近なところに使用されています

シーズヒーターはさまざまなところで使用されています。私たちが冬場に使う電気ストーブにも使われていますし、コタツに使われるケースもあります。もっと身近なところだと、コンビニなどで見るフライヤーにスーパーフラットヒーターや丸型のものが使われています。他にはスチームコンベクションと呼ばれる蒸気を使った業務用調理機器やピザ焼き用などの業務用オーブン鉄板(焼肉、たこ焼きなど)の加熱用、業務用炊飯器、麺をゆでる設備など、多種多様な電気製品に使用されています。他分野では、医学研究、化学の実験などの現場で使われる各種試験器用ヒーターにも使われています。またIC製造工程の加熱が必要なところで、スマートフォン画面の製造工程など、半導体製造工場や液晶パネル製造工程でも使われています。

ピックアップ記事

シーズヒーターとほかの電気ヒーターの違い

シーズヒーターはニクロム線を金属パイプで包んだ構造をしています。さらに、ニクロム線は絶縁粉末でヒーターパイプから絶縁され、構造自体はとても単純に作られています。シーズヒーターの特徴は金属パイプで覆われ...

シーズヒーターの選び方 電気使用量、売れ筋

シーズヒーターは立ちっぱなしの仕事をしている時、洗面やトイレなど狭い場所を温めるのに適しています。自動首振り機能がついているのが売れ筋です。遠赤外線だと光や熱は刺激がないのに、体の中から温めてくれます...

コスパ最高!電気ストーブならシーズヒーターがお得

シーズヒーターは絶縁体でニクロム線を包んでいて、金属管で覆ったものを発熱体として使用しているヒーターの一つです。カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用されていて、遠赤外線放射量がカーボンヒ...